スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福袋の魅力

私たちはなぜ福袋を買うのでしょうか。
日常生活の中で何が入っているのか分からないものを
購入するということは殆どありません。
それは私たち人間は何かしらの目的があって
消費行動を行っているからです。

例えば「寒くなったから新しいジャケットが欲しい」と感じれば
ブランドショップなどに行って自分の好きなデザインの
コートを選び買いますよね?
間違ってもヨドバシカメラに行ってデジカメを買う
なんてことはしないはずです。

この例えは「新しい」という言葉がついていますので
既にコートは持っているが、買いなおしたいという意図が読み取れます。
この場合、少なからずジャケットに何かしらの
「こだわり」があると考えられます。

もしジャケットに何もこだわりがなければ
今まで使っていたもので十分ですからね。

この話と福袋どこが繋がっているか分かりますか?
私たちが福袋を買うという行為は
こだわりの一部を捨てているという事なんです。

大抵の福袋はある程度何が入っているか分かるようになっていますが
(ヨドバシ福袋の例だと「デジカメ」「ノートPC」「ゲーム」等区分があります)
商品を指定して買うことは出来ません。
もしそれが出来るのであればもう福袋ではない違う商品のはずです。

そうです。何が入っているか分からないものを買うという行為は
購入するアイテムに対するこだわりを捨てて
リスク覚悟で「お得感」を味わうためにあるのです。

前回も少しお話しましたが宝くじ的な要素を福袋は持っています。
その為福袋の中身の善し悪しを「当り」とか「ハズレ」って
言葉で表現したりしますよね。

福袋を購入する、そして開封する時のスリルとドキドキ感
それこそが福袋の魅力ではないでしょうか。
現在ではそれにプラスして「転売」で利益を得る事が出来る
という要素が加わっています。
これは本来の福袋の魅力ではないですが
自分の好みでないものが入っていた時の精神的ショックを
和らげる1つの要素にはなっているので一概に否定はできません。

しかし、純粋な福袋ファンからは反発の声もあるようです。
転売屋さんが多くの福袋を買い占める事で
本当に福袋を買いたい人に回ってこない事もありますからね。
このような問題は法律で規制する事は出来ませんので
事実上取締りは不可能です。
純粋な福袋ファンがこのような転売屋に抵抗する手段といえば
転売屋に負けずに頑張って並んで
当り福袋を手にして優越感を得る事でしょう。

みなさんの購入する2010年福袋に福があるよう祈っております!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。