スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年の福袋も楽しみですね!

久しぶりの更新になります。

このサイトはこれまで「2010年福袋のまとめ」
というサイトタイトルで運営してきましたが
来年の新春福袋に向け「2011年福袋のまとめ」に改名しました。
改名といってもただ2011年に変更しただけなんですけどね。

本当はサイト名の「まとめ」というのも
サイト趣旨とちょっと違うので変更しようか
迷ったんですけど、いい名前が思いつかなかったので
2011年もこのサイトタイトルで行くことになりました。
(実際には福袋好きが戯言を書くどうしようもないブログです。笑)

実は今年のお正月にログインパスワードを
忘れてしまってずっとログイン出来なくなっていました(笑)
ミスドの福袋を買いに行った後になぜか
FC2ブログからログアウトしていて
パスワードを何回入れてもダメだったんですよね。

数ヶ月後にパスワードを書いた紙が出てきて
やっとこのサイトに入れるようになったんですけど
時既に遅しだったのでミスドの福袋公開は諦めちゃいました。

それから後は福袋を買う機会がなくて
現在まで更新を怠ってしまった訳です。
元々新春福袋にターゲットを絞った
サイトなので更新しなくて当たり前ではあるんですけどね。
それでもせっかく作ったサイトなので
大切にしていかないといけないなって思ってます。

これからは2011年のお正月に発売される福袋に向けて
更新頻度は上がると思いますので
お暇なときにでも覗いてやってくださいな。

あとコメントは閉じさせてもらっています。
理由はスパムコメントが多いのと
一人でまったり運営していきたいからです。
ご理解いただければ幸いです。
スポンサーサイト

2010福袋が近付いてきた

2010年まで残すところあと3日となりました。
新春福袋の発売もそれと同時に近付いてきていますね。
初売りが元旦か2日、遅くても3日といった感じなので
どこも今頃は2010福袋の準備に追われているんではないでしょうか。

お正月に福袋を購入する という事を考えていると
ただそれだけでワクワク・ドキドキしてきますよね。
また、それと同時に「福袋にいくら使おうかな~」と
心躍らせている人もいれば
「不況なのに福袋なんか買っていいのかな」などと
まだ購入を躊躇っている方など様々だと思います。

不況だからこそお得に福袋という考え方も出来ますが
生活が厳しそうな方は2010年の福袋を分析して
来年チャレンジというのも1つの手だと思います。
(実は私もそうなりそうな感じなのです。笑)

当サイト的に転売はオススメしていませんが
福袋の転売で毎年数百万の利益を得ている人もいると聞きますので
じっくりオークションなどでどんな福袋がどのくらいの
値段で売れているのかチェックしてみるといいと思います。
転売の達人はヤフオク、楽天オークション、モバオクの
3サイトを駆使して売買を行っているようなので
しっかり上記サイトは押さえておいて下さいね。

因みに私はまだどの福袋を購入するか未定です。
もしかしたら今年は控えるかもしれません。
今年は色々あって先立つものがないんです(笑)
でも何も買わないのは寂しすぎるので
ミスドの1000円福袋とか安くていいもの探してみたいと思います。

福袋の転売を考える

福袋と言えばお正月の寒い中、少しでもお得な福袋を買おうと
お店の前に並び購入するのがこれまでの一般的な買い方でした。
しかし、現在は時代の進化と共に福袋の買い方から
購入後の福袋の活用の仕方まで多様化してきています。
特に福袋を購入した後そのままオークションに出品する
福袋転売は当然のように行われていますよね。

少し前に「福袋の購入委託」というものが話題になった事があります。
これはホームレスなどに安いお金を払い
自分の代わりに福袋を買うため並んでもらうと言うものです。
この行為は現在でも行われており、2010年も当然どこかで行われると思います。
特に転売しても利益の出るヨドバシカメラなどの家電量販店福袋や
タカシマヤなどの百貨店高級福袋などには
一般の購入者にまぎれてホームレスなどの
代理購入者が混ざっているといわれています。

前にも書きましたが、このような行為は法律上問題はないとは思うんですけど
あまり倫理的・モラル的にいい感じはしないですよね。
本当に福袋を欲しい人が買えなくなることもありますし
お店としても、利益返上という意味合いでやってるところもあるので
このような転売目的の人に売るのは気持ちいいものではありません。

でも転売する人とそうではない人を見分けて
販売する事はできないのでこの状況は今後も続くでしょう。
そんな中、私たち福袋ファンが一番心配するのは
福袋を販売するショップ側がこのような
転売する人たちに屈して福袋を発売しなくなる事です。
また発売はするとしても転売しても利益にならないように
福袋の質を下げてしまう事ですね。

転売が今以上に横行すると実際に上記のような
状態になる事は免れないと思うので
私たちに出来る最低限の努力「転売福袋は買わない
ということを行っていきたいですね。
並んで手に入れた福袋にこそ福があると信じて
オークションに欲しい福袋が出品されていてもグッと我慢しましょう。

福袋の魅力

私たちはなぜ福袋を買うのでしょうか。
日常生活の中で何が入っているのか分からないものを
購入するということは殆どありません。
それは私たち人間は何かしらの目的があって
消費行動を行っているからです。

例えば「寒くなったから新しいジャケットが欲しい」と感じれば
ブランドショップなどに行って自分の好きなデザインの
コートを選び買いますよね?
間違ってもヨドバシカメラに行ってデジカメを買う
なんてことはしないはずです。

この例えは「新しい」という言葉がついていますので
既にコートは持っているが、買いなおしたいという意図が読み取れます。
この場合、少なからずジャケットに何かしらの
「こだわり」があると考えられます。

もしジャケットに何もこだわりがなければ
今まで使っていたもので十分ですからね。

この話と福袋どこが繋がっているか分かりますか?
私たちが福袋を買うという行為は
こだわりの一部を捨てているという事なんです。

大抵の福袋はある程度何が入っているか分かるようになっていますが
(ヨドバシ福袋の例だと「デジカメ」「ノートPC」「ゲーム」等区分があります)
商品を指定して買うことは出来ません。
もしそれが出来るのであればもう福袋ではない違う商品のはずです。

そうです。何が入っているか分からないものを買うという行為は
購入するアイテムに対するこだわりを捨てて
リスク覚悟で「お得感」を味わうためにあるのです。

前回も少しお話しましたが宝くじ的な要素を福袋は持っています。
その為福袋の中身の善し悪しを「当り」とか「ハズレ」って
言葉で表現したりしますよね。

福袋を購入する、そして開封する時のスリルとドキドキ感
それこそが福袋の魅力ではないでしょうか。
現在ではそれにプラスして「転売」で利益を得る事が出来る
という要素が加わっています。
これは本来の福袋の魅力ではないですが
自分の好みでないものが入っていた時の精神的ショックを
和らげる1つの要素にはなっているので一概に否定はできません。

しかし、純粋な福袋ファンからは反発の声もあるようです。
転売屋さんが多くの福袋を買い占める事で
本当に福袋を買いたい人に回ってこない事もありますからね。
このような問題は法律で規制する事は出来ませんので
事実上取締りは不可能です。
純粋な福袋ファンがこのような転売屋に抵抗する手段といえば
転売屋に負けずに頑張って並んで
当り福袋を手にして優越感を得る事でしょう。

みなさんの購入する2010年福袋に福があるよう祈っております!

2010年も福袋は売れる

毎年お正月が終わった頃ぐらいに
「●●の福袋はダメ」などネガティブな情報が
2chや一般のブログを中心に流れ出しますが
結局翌年にはそんなことすっかり忘れて
みんな去年と同じ福袋を買ってしまうんですよね。

今年も新春福袋のネガティブ情報が氾濫しましたが
結局来年(2010年)も店先に行列を作って
同じように福袋は売れると思います。

私の中で福袋は宝くじと同じだと思ってます。
宝くじも当る人に比べて当らない人が多いわけですよね。
それなのに毎年毎年例外なく売れ続けます。

これは「期待感」を売りにしている商品だからです。
宝くじも福袋もリスクはあるけどリターンを求めてみんな購入します。
でも宝くじと福袋が絶対的に違う点があります。
それはリスクの差とリターンの差です。
宝くじの場合、3000円分購入して1円すら戻ってこないこともありますが
福袋の場合は3000円購入したら最低でも3000円以上の商品が入っています。
逆に宝くじは1枚購入して1億円当る事もありますが
福袋の場合多くて購入金額の数百倍の価値のものしか入っていません。

このようにどっちもどっち、一長一短なわけですが
大抵の人の場合宝くじではなく「福袋」に価値を感じるわけです。
何故かというと福袋の場合、最低でも原価以上のものが入っているという
安心感があるので、リスクが少ないわけですね。
また現代ではネットオークションという便利なものがあり
個人間での商品取引も容易に行えるようになりました。
その為、気に入らないものが福袋に入っていた場合
ヤフオクやモバオクに出品する事で
商品をお金に換えることが出来るわけです。

このような理由から何の迷いも泣く
福袋に大金を使うことができるわけですね。
そのため福袋は2010年も「売れる」と断言できるわけです。
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。